なんやかんや

チワワのベンツ。

たまに子どものお下がりをくれたり散歩に付き合ってくれたりするご近所さんのサキコさんが子犬を飼い始めて、ちょうど半年が過ぎた。 白に近いクリーム色の、オスのチワワの名前はベンツ。由来はメルセデス・ベンツで、外車好きのご主人が命名した。 小さな…

たまにはやってもらいなさい。

年末から、灯油缶に差したオレンジ色の給油ポンプの電池が切れかかっていた。 「入」の方にスイッチをスライドさせても、うんともすんとも言わない。 ノズルごと持ち上げて何度か振り、再び「入」にするとジ〜ッと音がして、ようやく動き始める。 毎回、今日…

きな粉餅の日々

7年くらい前だったか、プランターにサラダ菜の種を蒔いたことがあった。 種は数日のうちに芽を出した。 その小さな芽が毎朝、うっかりすると見逃してしまうくらい少しずつだけれど、背を伸ばす。 その成長を見るのがとても楽しみだった。 朝一番に水をやりに…

普通に自転車通学だったよ。

「どこの高校に入りたいのか、そろそろお子さんと時間を作って話をしてみてください。」 昨日、塾の面談でそう言われたので、早速聞いてみることにした。 「どこの高校に入りたいの?」 「お母さんはオレにどこの高校に入って欲しいの?」 質問し返された。 …

2人は小説を書いている

私には、小さな頃に一緒に暮らしていた甥っ子と姪っ子がいる。 もはや社会人。あの小さかった2人がよくもまぁ育ったものだと感慨深い。 人として最も激変するであろう学生時代、コロナ禍だったため遠方で学生生活を送る彼らにはほとんど会えなかった。 だか…

久しぶりにセンパイにしごかれた。

ちっとも痩せなくて、歩いたりストレッチしたりする日々が続いていた。当然、王道のスクワットもやっている。…10回くらい。 Juniper(id:JuniperBerry)さんは、頑張る時はスクワット70回、とブログに書かれていた。さすが目下、営業マンとの負けられない戦…

本日お手紙風です。

朝夕はようやく人心地つけるような気温となってまいりましたが、皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 さて、8月の終わり頃からしばらく更新をせず、また皆さまのブログを拝読することもなく過ごしており、ひさしぶりに先日更新しましたところ…

たかが呼び方、なのだけれど。

ブログを始めて家族のこともボチボチ書くようになってからというもの、書きながら違和感を感じている言葉がある。 ズバリ"主人"だ。 他の方の記事を読んでいる時は、内容に意識が向いているため、どの方がどのような呼称を使っているかまでは思い出せない。 …

あー、これは、うまかとです。

少し前に、アレルギーでキュウリが食べられなくなった。 そんな私に、冷やし中華が大好物の息子が、情け容赦なく冷やし中華をリクエストしてくる。 それでやむを得ず、自分だけキュウリの乗っかっていない冷やし中華を何度か食べたけれど、これはもう言って…

登山じゃん。

いつもの夏は、家の中にいるのが自分と猫だけなら、扇風機を頼みの綱に汗をダラダラとかきながらゴロゴロしている。 それが今年は、猫の病気が本格的になってきた上に、猫の苦手な高湿度だから、否応なしに24時間当たり前にエアコンをつけっぱなしにしている…

老眼鏡を買いに行く

起き抜け、夜、それに薄暗いところ。 スマホや本が見にくくなってから数年は経っただろうか。 本日、とうとう老眼鏡を購入した。 購入に踏み切るまでには、 老眼鏡をかける自分のことが受け入れられない とか、 買うのに検査が必要だし、レンズやらフレーム…

ひさしぶりに睡魔と戦う。

台風と老猫のことが気になって直前まで迷ったけれど、父と母だって年を考えればいつ何があるかわからない。 「お盆の帰省は見合わせる」と電話した時の母の声が寂しそうだったのが引っかかり、やはり行くことにしたのだった。 前の日の夜中、老猫は、引き止…

ほんの時々、主人と散歩をする。

尿酸値が高くなってしまった主人は、以前のようには走り込めなくなった。 それで最近、散歩に誘うとまれにOKの返事が来るようになった。 だから、ほんの時々、主人と散歩をする。 出発して、最初の10分間くらいは並んで歩く。 その間、私はひたすら喋り続け…

作戦を追加して夏を乗り切ります。

秋風を感じるその日まで、今年はブレることなく夏を愛でよう。onoesan.hatenablog.com6月にそう決めて以来、今もなお、夏に対して奇跡的に好感を保てている。 良い作戦を思い出せて良かった。 ただ、台風の接近に伴うここ数日の猛烈な湿度には、かなり気持ち…

お題"エタポテ"に私も参加しました。

「永遠に食べ続けたいと思うほど美味しいポテトサラダ、エターナルポテトサラダを作ってみよう。」 今のところ参加人数が極めて少ないため、料理下手な私でも気負わずに参加できました。 ※※お題ではなかったかもしれません。 先日も貼り付けたばかりなので少…

ひさしぶりのビール

老猫ソルが、今日も朝っぱらから猫缶をグビグビと夢中で飲んでいる。 飲み物のように一気に食べては、「ハイハイ、まだまだ入るよ!おばちゃん、早く次の、持ってきて!」と立ち上がって得意のポーズで拝み倒してくる。その姿を見ていると、おばちゃんは本当…

黒い車

主人は最近、半年前にやってきた黒い車の世話を頑張っている。 汚れが目立つ黒い車はイヤだと言っておいたはずなのに、他のことにうっかり気を取られている隙に新車の色を決められてしまった。onoesan.hatenablog.com 半年が経った今、息子が自転車で横切る…

祖母の暑い日のイチオシ。

今週のお題「ベストアイス2023」 お題が求めている記事の内容からは外れてしまうが、ふと思い出したのだった。 中学生の頃、居間でアイスを食べていたら祖母が入ってきた。 何やら言い出しにくそうな、恥ずかしそうな表情を浮かべている。 「…あんたは知って…

私も出産していたのだった。

少し前に、脱力生活くらぶさんの出産の記事を読ませて頂いた。 あまりにもパンチの効いた内容に、ヒーッ痛い痛い助けて〜!ハラキリノーノーね、私は子供は絶対に産まないぞ(もう産めないけどね)と固く心に誓った。datsuryokuseikatsu.hatenablog.com そし…

少女漫画を捨てるのは。

実家に住む姉が、何度目かの断捨離をした。先週、「いらない漫画を持っていってもらうから、テキトーに処分しちゃって。」と、LINEに姉からのメッセージが入っていた。 義兄が、近くに来るついでに持って来てくれるという。 姉は家の片付けをして処分したい…

ぐっすり寝た。

信じられないくらい寝た。 昨日は日中もうつらうつらしたりしていたのに夕食後もまた寝た。そして夜もきっちり寝て、朝起きてもまだ眠い。 老猫の体調が悪くなってから、夜間救急もあり得るだろうとアルコールをずっと控えている。 今思えば、昨夜はその腹い…

フツーの親は「普通」が好きだという話。

44才で保育士資格を取って保育園で働き出してから、イヤなこともたくさんあったけれど、軽めに見積もってもその100倍は幸せをもらったなと思っている。 幸せな仕事だと心から思えたのは、性格的に向いていたのと、大変さの種類が保育園とはまるで違う業種で…

好きな家事と嫌いな家事。

家事を広い範疇で捉えれば、これも入れても良いと思う。ノコギリを使う家事が好きだ。 今も背の高い本棚の背面にノコギリが刺さっている。 新しく本棚を購入すると、高くつく上に廃棄処分の手続きと処分費用も発生する。 家計を守るためにはやらなければなら…

就寝前の本の選択を間違えた。

ひどい寝不足になってしまった。 体力の衰えた人間にとって睡眠は一番、ほんっとーに一番大切なことなんだと身に沁みたのだった。 睡眠による復活能力が年々衰えている以上、一定量の睡眠をとることは、身だしなみなんかよりずっとずっと大事なことだと深く…

5駅歩いて幸せになった。

日曜日の昼下がり。 ソルが入院したら気が抜けてしまい、朝からテレビの前で寝転がっていた。 窓際で、同じように寝転がって二度寝を楽しんでいたルナに、寝転がったまま話しかけた。 「なんでこうも太っちゃうんだろうね…」 あくまでデリケートな、女同士の…

布おむつと土鍋ごはん。

敷居が高そうでいて、やってみると世間のイメージよりもずっと楽な上、幸福感がけっこうあがるのが布おむつと土鍋ごはんだと思っている。 両者共にちょっとコダワリのある人たちのジャンルとでもいったイメージを放っているが、実際は始末が楽チンで、シンプ…

どちらも克服したい朝。

寒の戻りの朝と、二日酔いの朝。 どちらの朝も思うことはいつも一緒だ。 毎回あんなに後悔するのに、どうして繰り返してしまうのだろう。 反省と後悔にまみれながら、まるで学習することができないという謎のメカニズムが共通して存在している。 暖かさに惑…

ふたつめは熱帯魚、という話

振り返った時、まるで夢でも見ていたのかというくらい、本来の自分とはかけ離れていることに夢中になった記憶。 ひとつめは阪神タイガース。 トラキチに憑依されていたかもしれないという話。 - onoesanと猫と保育となんやかんや。 ふたつめは熱帯魚だ。 魚…

トラキチに憑依されていたかもしれないという話。

その折々で起きるマイブームというのがある。 ビールの自家醸造だったり(酒税法を遵守し度数は1%未満)、国内外のマラソン大会への参加だったり、部屋一面を埋める観葉植物だったり、色々のめり込んでは飽きるを繰り返してきた。 体力気力、それに時間がな…

新車に色々葛藤する話。

先週、思いがけず有料道路に乗る機会があった。スーパーからの帰り道で有料道路に乗ってしまった話。 - onoesanと猫と保育となんやかんや。 普段は有料道路を使う機会はほとんどない。 だから、先月我が家にやってきたばかりの新車にとって、それは初めての…